次の展覧会

小川けんいちは、釧路市出身、旭川市在住のイラストレーター・グラフィックデザイナーです。作品や絵を描く行為そのものを通して、「明るさ、楽しさ、優しさ、ユーモア、希望」を届けることをテーマに、道内の企業ロゴ作成からパッケージデザイン、個人のイラストまで幅広く手がけ、テレビドラマへのイラスト提供など全国にも活動の場を広げています。
本展では、自由な発想で制作を続けるイラストレーターの仕事を紹介するとともに、美術館の展示室そのものを「小川けんいちワールド」としてデザインします。北海道、そして全国へ絵を描くことの楽しみ、表現することの喜びを発信し続ける小川けんいちの世界を美術館全体でご体験ください。

開催概要

会 期 2022.9.23 -11.13 

休館日 10月10日を除く月曜日

開館時間 10:00~17:00(入館は16:30)まで

観覧料 一般600(400)円 大学生以下無料
※( )は前売りと10名以上の団体料金
※身体障がい者手帳、療育手帳、精神障がい者保健福祉手帳の公布を受けた方および付き添いの方は無料。

前売券販売所(9月22日まで)
釧路市生涯学習センター、MOOガイド、コーチャンフォー釧路店、釧路市民活動センター(わっと)、コーチャンフォー釧路文化ホール、くしろ演劇みたい会

主催 釧路市民文化展実行委員会、釧路市立美術館、釧路新聞社、公益財団法人 釧新教育芸術振興基金
後援  FMくしろ、(一財)釧路市民文化振興財団
協賛  アートギャラリー協力会
企画協力 株式会社 昇夢虹

イベント

①プレイベント  お互いの顔を描いて今を感じよう!~絵は気持ちで描くのだ~」

展覧会プレイベントとして、小川けんいち氏を講師に迎え、お互いの顔を描き合います。ワークショップで描いた作品の複製を「小川けんいちワールド」展会場内で展示いたします。小川さんの作品とのコラボレーションもお楽しみいただけます!

日時:8月7日(日)13:00-14:30

会場:まなぼっと幣舞7F 705号室

定員:2人1組で15組(合計30人)まで(先着順)

対象:どなたでもご参加いただけます。(ご家族、友達など、必ず2人1組でお申し込みください)

費用:お一人様100円

特記事項:
・ワークショップで描いた作品の複製を「小川けんいちワールド」展会場内で展示いたします。
・汚れてもいい服装でお越しください。
・持ち物不要

②アーティストトーク 小川けんいちが語る「小川けんいちワールド」

小川けんいち氏に展示会場で普段の制作や展覧会の見どころについてお話いただきます。

日時:9月23日(金・祝)  11:00から30分程度

集合場所  釧路市立美術館ロビー
※事前申し込み不要(要観覧券)
※新型コロナウィルス感染症対策のため、来場者多数の場合は入場を制限する場合があります。

プロフィール

1974 年釧路市生まれ。釧路北陽高校、北海道東海大学芸術工学部デザイン学科(当時旭川)卒業。デザイン会社「昇夢虹」でグラフィックデザイナーを務めながら、グループ展、個展も精力的に行う。2016 年、当館主催マチナカギャラリーに参加。旭川在住。

主な業績

 ホワイト企業対象ロゴマークデザイン、お好み焼き「風月」イラストデザイン、「ANA ご当地ブレーン」ラッピングイラスト、ホッカイダーグッズイラスト、シャッターアート、壁画イラスト、名刺、ポスター、TBS ドラマ「99.9-刑事専門弁護士-」イラスト提供、テレビ東京「シェフは名探偵」イラスト提供、道新文化センター旭川駅前スケッチ教室、富良野「あかなら」スケッチ教室、ワークショップなど。