次の展覧会

次の展覧会

美術をつくることば

 地域に息づく作品として受け入れをしてきた当館のコレクションのほとんどは、作家、または地域のコレクターによる寄贈、もしくは釧路市の美術品買上制度で購入されたものです。その多くは、美術館の作品となるまでに、作品は人々に批評され、その価値観を共有されてきました。

 本展では、美術作品や作家にまつわる「ことば」を作品とともに展示いたします。作者のみならず、所有者であった人々、画家仲間の言葉などを、新聞資料、雑誌からご紹介し、これらの作品や作者がどのように語られてきたのかをご紹介します。この釧路地域が、どのような作品を受け入れてきたのか、本展を通してその一端をご覧いただければ幸いです。

開催情報

会期:2023年12月16日(土)~2024年2月4日(日)
開館時間:10:00-17:00
休館日:毎週月曜日
会場:釧路市立美術館ギャラリーB

観覧料:一般140円 大学生以下無料
*身体障がい者手帳、療育手帳、精神障がい者保健福祉手帳の交付を受けた方及び付き添いの方は無料
*65歳以上の釧路市民は無料

主催:釧路市立美術館、(一財)釧路市民文化振興財団
共催:公益財団法人 釧新教育芸術振興基金、釧路新聞社
協賛:アートギャラリー協力会

主な出品作品

古川忠次〈朝〉
柳悟 〈烈聖牛〉
羽生輝〈北の浜辺(床丹)〉